フルーツ柄がいいのよ!

3月 29th, 2012

大好きな風水の本に、キッチンにはフルーツ柄がいい、と書いてありました。
それ以来、フルーツ柄のキッチングッズを見るとついつい手に取ってしまうんです。
つい先日まで、かわいいいちご柄のエプロン&ミトン&バッグのセットを使っていたんですが、さすがに色あせてきたので新しいものを購入しました。
今度はチェリー柄のエプロン&シュシュのセットです。

このチェリー柄、下の方がフリルみたいになっていて、なんだか新婚さんが着るみたいです。
シュシュもセットだし、これならこれをつけたまま外に出ても、逆にかわいらしい奥さん度がアピールできるかも?なんて思います。

キッチンのフルーツ柄でもう一つお気に入りが、黄色のボウル。
バナナやレモンなどの黄色いフルーツが柄として入っていて、とてもかわいいし、便利なサイズなんです。
通販で購入したんですが、これもう一つ購入しておけばよかったと後悔しています。

黄色と言えば、レモン柄のトレーも購入しています。
これは何と100円ショップ。
今は100円でかわいいモノがたくさんあるんですよね♪
フルーツ柄のふきんもゲットできたし、いちごやバナナなどのフルーツを使ったオーナメントも数多く見つけることができました。

実は風水の本にも、100円ショップで購入できる風水グッズがよく載っているんです。
ダイソーのものが多いのですが、当然他のお店でも見つけることはできます。
ただ、この本に載ると売り切れるのが早いのも事実です。
先日この本に載っていたフルーツ型の小皿を購入しようとお店に行ってみたら、すでに残りは数枚。
大慌てで買ってきました(笑)

100円ショップは再入荷はなかったりするので、見つけたら即購入が鉄則です。
最近そういえば行ってないので、またフルーツ探しの旅に出ようかと思っています

弟の心、兄知らず。

3月 28th, 2012

うちの次男についてなんですが、活発で元気はつらつの男らしい長男に比べて、スローでマイルドな性格、髪の毛もちょっと長めにしているので100%女の子に間違われるような男の子です。もうすぐ2歳で最近ではちょっと小走りして、片言の言葉を発するようになり本当に可愛い時期を迎えています。ついつい甘やかしてしまい、お兄ちゃんに焼きもちを焼かせてしまうこともしばしばで、母親として気をつけなくてはいけないと思うこともしばしばなんです。

私は大体夕方頃から夕飯の支度にとりかかるためキッチンに立つのですが、きまって、お兄ちゃんに遊びの相手をしてもらえず退屈している次男が私のところにやってくるのです。
そして、毎日食器棚の上のほうを指し、「あめ、あめ。」と言います。棚の上のほうに肝油のオレンジ色ンの缶が置いてあるのですが、子供たちには1日1個ときまりを作っています。

「どうぞ。」と1粒手渡すと、その場ですぐに自分の口に入れて可愛い笑みを浮かべます。
そして、「あめ、あめ。」とまた言うのです。「もう1個食べたからだめよ、また明日ね。」と私は言うのですが、「にぃにぃの、にぃにぃの。」と必ず自分の分とは別に長男の分も頂戴!とお願いしてくる次男くん。

本当だったら自分もまた食べたいはずなのに、手渡すと自分では食べずに必ずお兄ちゃんに「どうぞ」と持っていきます。おすそ分けが大好きな、お兄ちゃんが大好きな次男に対し、ぶっきらぼうに対応するお兄ちゃん…。ですが、これはこれで両方可愛いと思えるんです。

弟って、いくらいじめられても理不尽な思いをしたとしても結局お兄ちゃんが大好きなんですよね、そして徐々に逞しくなって次男特有の要領よい子になっていくのでしょう。

そんな兄弟をこれからも楽しんで観察していきたいと思います。

風水っていいのよ♪

3月 28th, 2012

私が風水にはまってもう9年ほどになるでしょうか。
たまたま本屋さんで見かけたドクターコパの「風水縁起」というものを購入したのがきっかけでした。

コパさんの風水はとてもわかりやすいのです。
例えば、「西に黄色で金運アップ」は有名ですよね~。
これは毎年変わりません。
その年のラッキーカラーなどがプラスされることはあっても、基本がそのままなので続けやすいんですよね。

ちなみに西側は、我が家では玄関です。
西の玄関は賑やかで、人の出入りが多く、出費も多いのだとか。
それを防ぐためには風水だということで、玄関には黄色のマットが敷かれているし、靴箱の上にも金運アップのためにゴールドの時計が置かれていたり、八角の鏡が置かれていたり、ヒマワリの造花が飾られていたりします。

ラッキーカラー以外にも、掃除が欠かせないと言います。
玄関のたたきは水拭きしなさいと言われるのですが、うちの社宅、玄関のたたき部分はコンクリートなので、拭いてもムダ(笑)
そのため、ヒマワリ柄の玄関マットを購入してそれを敷き詰め、日々掃き掃除と拭き掃除をするよう心がけています。

ただ掃除をするとなると、何となくやる気も半減してしまうところですが、掃除することで運が上がります、と言われると意外にやる気になるものなんです。
実際、風水を始める前までは明日のお米もない、という状態が本当にあったんです。
でも今ではあの頃が嘘のように感じられるくらい余裕が出てきました。

風水は昔から「バカではできない、利口じゃあほらしい」と言われるそうです。
まぁ、おまじないと同じく、気休めと言ってしまえばそうかもしれないので、突き詰めて考える人はできないかもしれないですね。
でも、やってみるのに対してお金も時間もかからないので、ぜひ騙されたと思って挑戦してもらいたいものです。

給湯器が大ピンチ。

3月 24th, 2012

給湯器が壊れ、お風呂に入れなくなってしまいました。
一度点検に来てもらったときにはまだ動いていたので安心していたのですが、その夜停止。
全自動なので、お風呂をためることもできないし、追い炊きも当然できません。
幸い我が家には24時間風呂のシステムがついているので、36度にはお湯を保っていたので、そこにコンロで沸かしたお湯を何度か注ぎ込んで40度にして入浴です。

でも、お風呂は入っている間にどんどん冷めてしまいますよね。
24時間風呂とはいえ、この寒い時期はさすがに厳しいのです。
主人が夜勤だったため、娘と息子と3人だったので、一人が入っている横に少しずつ沸かしたお湯をプラスして乗り切りました。
シャワーもでないため、ひたすら湯船のお湯を使うしかない状況だったので、私が最後に入るころにはお湯も少なく。
仕方がない、半身浴ということにしましょう。

それでもやはり肩の辺りは寒いです。
長く入ることはさっさと諦め、ついでにお風呂場の掃除を始めました。
もう天井から窓から気合入れて拭き掃除です。
とうぜん裸のままですが(笑)
でも、それだけ動くとずいぶんと暖かくなります。

普段なら最後にまわりと自分をシャワーで流して終わりなのですが、今回はそれができないため、その都度湯船に残っているお湯を手桶にくみ出してばしゃっ。
イマイチ流れは悪いし、水は飛び散るしですが仕方ありません。

湯冷めしない程度に掃除をしてさっさと上がり、慌てて体を拭いてパジャマを着こみます。
今日が少し暖かい日で本当に良かったと思います。
ダメもとでガス屋さんに電話してみるとまだ人がいたので、状況を説明して、翌日もう一度来てもらうようお願いしました。
一日で直るといいけどなぁ・・・。

春、花粉症のシーズンです

3月 21st, 2012

昨年末から続いた寒さもようやく一段落つこうとしている今日この頃。先週までは最低気温が真冬並みではあったものの、最高気温は10℃を下回ることはなくなりつつある。

そして今日、春分の日。名目上は昼と夜の長さが同じだとされているが、厳密に言えば実際は昼の方が長い日だ。まあ、御託はいい。春分の日がやってきたということは、もういよいよ本格的な春の到来だということで何だかウキウキする。

そして春といえば暖かいだけではない、花粉症の季節でもある。幸いにも自分はまだなっていないが、いつなるとも限らない。

スマートフォンが普及し、一度その使い心地を覚えると手放せない人は多いだろう。特に、アプリケーションは様々なシーンにおいて公私共になくてはならないツールとして大人気。

そう、それは花粉症のシーズンでもだ。大手のドコモは、全国に展開する大気情報観測網を使った花粉情報観測アプリをリリースするとか。今のところドコモのみのスマートフォンだそうだが、花粉症の人にとっては便利なのではないだろうか。

Androidスマホは持っていないので何とも言えないが、iPhoneアプリも花粉症関連のアプリが様々。無料から有料までピンキリ。いざ自分が花粉症になった時には多分ダウンロードすると思うが、今のところは保留。

花粉症の症状は目がかゆくなったり、鼻水がとまらない、くしゃみも出るといった症状が出ることはご承知の通り。

自分の場合はこれと似たようなもので、ハウスダストに弱い体質だということが20代前半の時にようやくわかった。埃っぽいところにいるともうダメ。

鼻がグズグズ、目はかゆい。花粉症になっていないとはいえ、結構キツイ。東京は便利だけれど空気が悪いということもよくよく痛感したのだった。

花粉症のためのアプリがあるならば、ハウスダストが計れるアプリもないだろうか。無理か……。

私の車はまだ新しいのだが、フリードスパイクという車だ。
新しいからシートもまだ外していないし、友達を乗せる時も靴を脱いでもらっている(笑)
花粉症を少しでも避けられるよう、後ろの窓には花粉避けカーテンまでしてあるのだが、効果のほどは定かではない。

ベルト

3月 16th, 2012

ベルトがふときつく感じる瞬間がありました。
屈んだときに、いつもとは違った窮屈さを感じたのです。

おかしい。ウエストはいつもと同じで大丈夫だったはずだ。何でこんなに苦しいのか。
答えは簡単でした。太ももが太っている。
な、なんだってー!
太ももというのは、気付かない間に太っている厄介なやつです……。

お尻もちょっと大きくなったかもしれない。
そういえばちょっと運動不足かもしれない。
そう考えて、いつもより長く湯船に浸かってみたりマッサージしてみたりしますが、うーん……筋肉量自体が落ちてるんだろうなぁ……。

だからといって突然、筋トレをやってみても続かなそう。どうしたもんか。

とりあえず、できる範囲で体を動かしてみることにしました。
電車で爪先立ちしてみるとか、テレビ見ながらインナーマッスルを鍛えてみたりだとか。
じわじわと効果は出てくるものの……また忙しくなってくると維持が面倒になってくるんだろうなぁ。

学生時代は運動するけど、仕事を始めたらしなくなるよ、といわれた理由が分かった気がします。
そもそも、仲間で集まって騒いだり遊んだりするというような機会がめっきり減ってしまったように思います。

いや、学生時代も運動不足ではあった気もするけど……とこの間、友人と話していたらスマートだった彼女も真面目な顔で「いや、やばいよ。卒業するってこわい。」と語っていたので私だけではないようです。
ともかく、まずい部分に気付いた以上、放っておくわけにはいけません。

仕事疲れたからってさっさと寝ようとしている場合ではない!がんばろう!
日々のルーティンワークに何かしらの動きを混ぜるのだ!
続くかなだなんて言っている場合ではない!

とにかくそう言い聞かせてがんばっていかなければ。
そう思ったのでした。