モンスターペアレント

一人っ子のけんちゃんはうちの息子の幼稚園のお友達です。おっとりしていて内気な彼ですが、ママと一緒にいるときは気が大きくなるようで幼稚園と自宅とではずいぶん態度やキャラが違います。

わかりやすく言うと内弁慶タイプなのですが、ある朝ママが大変深刻な顔をして、「今から幼稚園に行ってくる。息子がクラスメイトに毎日集中攻撃で苛いじめられてるらしく、本人も認めたの。最近夜中にひどい夜泣きをするようになったから、詳細を先生に聞いてくる。」と言うのです。

ただならぬ雰囲気であったため私もその場で彼女を見送ったのですが、その直後、私は一抹の不安を感じました。

けんちゃんはとてもいい子でママ大好きっこなのですが、一つだけ良くないなと思う欠点があったのです。それは「嘘をつく」「平気でお友達を売って自分を守る癖がある」ということです。

実際、近所に住むうちの息子も昔から彼の嘘八百に泣かされてきたのも事実。2人でしてしまったいたずらも、大人に問い詰められると全部うちの息子のせいにするので、当時言い返せなかった息子は何度泣きを見たことか。親子で悔しくて悔しくてしかたなかったけど、色々と我慢してきたのです。

そういう経験をしていたから、けんちゃんのその訴え自体、実際どこまで本当なのだろう、ママが鵜のみにしすぎではないか、ママは勇んで幼稚園へすっ飛んで行ったけれど、後で赤っ恥かかないといいけど…と思っていました。

その後、けんちゃんママが平和な幼稚園の雰囲気を一気に吹き飛ばしてしまい、穏便に済ますどころか担任教諭にとどまらず、幹部たちを巻き込んで、実名公表の保護者会を開催させ、加害者とされるお子さんを厳しく糾弾したそうです。

もちろん、こんなことありそうでなかなかない話なので、その後幼稚園全体の噂話として「モンスターがいるんでしょ、あのクラス。」と半年たった今も広がり続けています。

Comments are closed.